読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ブランド「Journey Pocket(ジャーニーポケット)」

旅を持ち運ぶブランド、「Journey Pocket」、絶景を用いたオリジナル商品や、パワーストーンを用いたアクセサリーを販売しています。旅のお役立ち情報も!

【連載】三日目にしてさらにぼったくられる。〜女子大生が世界一周を仕事にする話(3)〜

f:id:n-yamaguchi469:20160730114000p:plain

 

アメブロより。

 

 

 

いや、自分で見返して思わず笑っちゃいましたこれ

 

三日目って。

 

 

初日で学んでないんかい。

 

 

ホーチミンには「チョロン地区」というところに

大きな市場があって、

そこはまだ地元の人も買う

 

というのでそこへ向かうバスを探して

街をふらふら歩き始めて3秒後

 

わたしの隣に止まったのは

またもやシクロ(バイクタクシー)

 

 

やったらめったら日本語が上手い。

怪しい。

 

 

でも、海外生活3日目のわたしにとって

日本語が通じる安心感はすごい。

 

 

ちょっと心がぐらついた私の目の前に

おじさんが取り出したのは日本語ノート。

 

今まで彼がバイクで案内した日本人からの

お礼がたくさん書いたコメントノート。

 

「チュンさん本当にいいひと!!」

 

「最初はめっちゃ怪しいけど

絶対ぼったくらないから大丈夫!!」

 

「おかげで楽しいベトナム旅行になった!!」

 

などなど、ノート数冊に及ぶ賞賛を読んで
信じちゃったんだな…これが…

 

 

でも、バイクに乗り込む前にわたしは

前回の宿の反省をいかして聞いた!

 

「で、半日いくらなの?」

 

 

「君の好きな値段でいいよ、早く乗って!」

 

 

 

 

はい、カモ。

 

 

 

f:id:n-yamaguchi469:20160730114651p:plain

 

最初に向かったのはお寺。

 

 

f:id:n-yamaguchi469:20160730114714p:plain

 

お線香長すぎてびっくり。

一週間も燃えるそうです。

 

 

お目当ての市場に着いてから

サンダル、ピアスを購入し

 

 

次に連れて行かれたのは

コーヒー屋。

 

 

そのお店で一番良い豆だという

「すぺしゃるこーひー」を買わされる。

 

 

いや…

 

やっぱりまだ金銭感覚が日本だったのかも。

 

後から考えたらその豆1kg5000円もしたから。

 

ありえないから。

 

(このおじさんとお店の人、グルじゃね…?)

そしてわたしの財布のお金尽きる。


この時点で信頼度20%

 

いや、ここで気がついて、私。笑

 

 

 

その後、博物館と美術館を連れまわされたのですが

財布にお金がなくなったので

おっちゃんが全部払ってくれました。

 

ここでちょっとだけ

おっちゃんの信頼度回復。

 

 

お昼に「うなぎ」を食べよう!

と言われて、喜んでついて行くと

f:id:n-yamaguchi469:20160730182908p:plain

 

うなぎなのかどじょうなのかわからない

にょろっとした魚がぶつ切りになっており

ナッツやらなんやらと

よくわからないものに絡められて

 

ああああ

 

見た目…グロテスク…

 

 

 

ただ、味は美味しかった。

 

お腹もいっぱいになったところで

おっちゃんが取り出したのはあの日本語ノート。

 

 

これに今日の感想を書いて

と言うから素直に

 

「わたしはまだお金を払っていないので

このおっちゃんのことは判断しかねるけど

コーヒー豆めっちゃ高かったです」

 

 

と書いて悪あがき。

 

 

そしてここでおっちゃんは

急に自分の家族の話とか生活の話をはじめました。


貧乏だから…

子どもを学校へ通わすにお金もかかるし…と。

 

 

きたなこれ!!

 

そして今日半日食事とか全部込み込みで

500万ドンだよ。とか言い出した
(約2万円)

 

 

いやいやいやいやw

 

 

それはないわ。

 

さっき自分の家の家賃300万ドンって言ってたじゃん笑

どんなボロ儲けビジネスですかそれ

 

 

とりあえずあーだーこーだ言って

どうしても聞かなかったので

わたしもそこで引き下がる訳には行かず

 

ATMが使えないフリをして

パスポート忘れたフリをして

お金は出すけど今は持っていない。と

ホテルまで向かってもらいました。

そのまま絶対警察行ってやる!!!!

といきり立っていったんホテルの部屋に戻り

唯一持ってたベトナムのガイドブック

トラブル対応のページをひっつかんで外に出ると

 

 

 

おっちゃんは私が今日一日で買った

サンダルとピアスと

バカ高いコーヒー豆と共に

跡形もなく消え去っていたのでした。

 

 

 

結局膨大なガイド費用を払うことはなかったけど

さよなら、わたしのコーヒー豆。

 

 

旅はつづく。

 

 

 

 

 

Twitter始めました!フォローよろしくお願いします!

f:id:wakuwakutomo:20160311112553p:plain

 

f:id:wakuwakutomo:20160302120931j:plain

 

旅ブランド「Journey Pocket」

 

世界の絶景写真を用いたモバイルケースや、デザインTシャツ、“旅のお守り”の意味を持つターコイズを用いたアクセサリーなど、「旅を持ち運ぼう」をコンセプトにオリジナル商品を販売しています。

 

 

journeypocke.theshop.jp

 

 

お問い合わせ

nrta-a9@journeypocket.com